ベランダ防水の効果を維持する為に【定期的にメンテナンスをする】

原因となる発生個所

雨漏り

窓やベランダも注意

住宅というのは住民を雨風から守る、というのが大昔から変わらない基本コンセプトです。そしてその住宅そのものを雨から保護するのが、屋根材であり外壁材です。それらの部材は多くの場合、複数のパーツを組み合わせて構成されていますが、言い換えれば繋ぎ目だらけの構造をしています。屋根や瓦のひび割れとか、欠損から雨漏りする、という印象があるかもしれません。もちろんこれらも雨漏りの原因になりますが、部材同士の繋ぎ目部分に何らかのトラブルが発生して、雨水が染みこんでくるという原因も多いのです。特に比較的新しい住宅の雨漏りは、こうした事例が殆どです。それではここで、雨漏りの基礎知識とも言える、発生箇所とその原因について確認してみましょう。まず定番の発生個所は屋根と壁です。雨に直接さらされるので、発生頻度も当然高まります。屋根材や壁材には耐久年数というものがあり、単純に築年数が増えれば経年劣化で破損しやすくなります。この間塗装をしたり、葺き替えたり、といったメンテナンスを怠ると雨漏りしやすくなります。また台風や地震など、想定外の大きな力が加わった際に、部材がずれて隙間が出来る場合もあります。次に窓やベランダも雨漏りが発生しやすい部分です。窓というのは構造上、サッシと外壁材との間に隙間ができてしまいます。そのため、特殊なテープやシリコンなどで、雨水の侵入を防ぐコーキング処理が欠かせません。このコーキング処理が不十分であったり、経年劣化でひび割れたりすると雨漏りの原因となります。ベランダは構造にもよりますが、多くの場合窓と同様外壁材とベランダの構造材とが接する場所に隙間ができやすくなっています。また金属製のベランダだと、部材の軽量化のために中が空洞なので、離れた場所から雨水を引き込みやすい構造をしています。

Copyright© 2018 ベランダ防水の効果を維持する為に【定期的にメンテナンスをする】 All Rights Reserved.